マイナンバーと労働者との兼ね合い

医療現場の効率性を高めることも目的の一つとして導入されたマイナンバー制度に対しては、賛否両論さまざまな意見が出ています。
国民一人に12桁の数字を割り当てることによって、金融や税金、医療などといった分野における管理をしやすいものにしていこうという取り組みであり、画期的であると高評価をする人がいる一方において、国家に管理されていることが人権侵害だなどと反対の意見を持つ人がいるのも事実です。
しかし、国民全員が納得のいく制度をつくることは困難であり、その必要もないことからすれば、いかにその運用を上手くしていくかというところがポイントと言えるでしょう。
税金逃れや生活保護費の不正受給などが発覚することを恐れて反対をしている人は論外であり、いかに国民生活を便利で快適なものにしていくかを考えることが重要です。

現在の医療現場は従事者不足の問題が顕在化しており、病院やクリニックにおける人手不足の状況は深刻化しています。
そんな中、かかりつけ医やかかりつけ薬局などの推奨も含めた、いわゆる連携クリティカルパスへの取り組みが脚光を浴びています。
病院や介護施設、薬局などといった機関が連携を密にすることによって、過剰な検査や医薬品などの負担を軽減するというものであり、マイナンバーの導入とともに大きな期待が持たれています。
深刻化する高齢化や過疎化に向けた取り組みとして、コンパクトシティなどと併せて注目を集めています。