医療における個人情報とマイナンバー

マイナンバー制度が確立されたことによって行政を中心としてその運用が行われていますが、その波及効果は医療施設にも表れてきます。
個人の識別ができる番号によって、患者の病歴や薬歴などを含めた個人情報が取り扱われていくことには、患者側も病院側にも懸念があるのが事実です。
しかし、プライバシーに関わるような個人情報については個人に別のIDが割り当てられることによって管理される予定になっていることは知っておくと良いでしょう。
個人情報をいかにして守っていくかは現代の情報化社会における大きな課題の一つであり、国もその対応策を考えています。
マイナンバーが他人に漏れてしまうことがあったとしても医療に関わる情報を別のIDで管理しておくことによって、プライバシーを守ることを実現しようと考えられているのです。

病院で働く医師や看護師からすると、個人情報の管理は現在でも大きな課題であり、制度が新しくなることによってまた大きな課題が出てきてしまうことを懸念する人が多いのが事実でしょう。
しかし、IDを別管理するようにすることで、些細なことで患者のプライバシーが侵害されるような状況が生まれないように配慮がなされているのです。
こういった配慮がなされていることによって、マイナンバーの医療施設での利用が受け入れられる可能性が見いだせるという国の算段もあり、従事者側としてはその意図を理解していくことが大切になるでしょう。